虹の橋を渡ったワンコ、ニャンコのこと、タロットカードに聞いてみませんか?


「何か言いたいことはあった?」「どんなことを思っていたの?」「今、私がやってあげられることはある?」などなど。

虹の橋タロットでは、虹の橋のあの子とパパ・ママの思いをつなぐ、お手伝いをいたします。
内に抱える疑問や後悔を整理したり、問題解決のヒントをもらえたり、あの子の思いや言葉を探す、ひとつの方法として、カードを引いてみませんか?
虹の橋タロットは占いですが、あの子たちがコンタクトをとれるツールであると私は感じています。

Skypeで全国対応もします! 詳細はメールにてご相談致しましょう

丸い円(縁)の形に並べるタロットは、あの世とこの世は分離されているものではなく、輪っかのように結ばれているという象徴です。
パパやママたちが引いたカードを見ながら、対話させていただくというセッションです。
もちろん、今一緒に暮らしている子のことでもOKです!


天乃豆(そらのまめ)
西洋占星術とタロットを学んで、11年目。占いは、より良く毎日を過ごすための1つのツールと考えています
マイブーム:不思議な世界のお勉強
夢:学びと癒しと楽しみの場で人をつなぐこと
星座は魚座の太陽、牡牛座の月。
保護っ子5にゃんのママにして、
わんにゃんこの幸せ応援団。
レンタルスペース「9 Lives」運営。

鑑定例 ―― 塩田妙玄さん

カードはみんみんと妙玄さんの良きパイプ役になれたようです

「ボラ施設の猫・みんみん」
とても苦しんで亡くなった、みんみんの最後の言葉を占った結果です。
妙玄さんが引いたカードは「思いが残っている」などのカードではなく、予想外の「カップの9」。これは「満足」「願いの成就」を表します。
カードの意味を伝えたら妙玄さんがポロポロと泣き出し、
「みんみんの死は、その苦しみの意味を自分で観法した際、出た言葉が『してやったり』『お役目満願』だったのだけど、それでよかったんだ」
それに、このカードの不敵な表情がまさに、みんみんにそっくり!
さらに『HONKOWA』(妙玄さん原作の連載「ペットの声が聞こえたら」名前の意味編)にあった、みんみんの名前の由来「みんみんの座り方が中国娘のようだったので、みんみんと命名」とカードの絵柄がシンクロでビックリ仰天!
カードはみんみんと妙玄さんの良きパイプ役になれたようです。

天乃豆さんのタロットが昔から大好きで、彼女のカードはずいぶんと私の癒しや助けになってくれました。
この体験をもっと多くの方とシェアしたいと「虹の橋タロット」が誕生!
みんみんの占い結果には、私自身、一気に浄化が起こりました。
占いは私たちには身近な存在にして不思議なツール。
あの子の言葉が聞こえ、あの子の思いが一番わかるのは、絆というパイプを持つパパママたちです。
あの子を思ってあなたが引くカードは、そのパイプを通ってあの子とつながるのではないでしょうか?
カードが伝えるあの子の言葉。どうぞお楽しみください!
虹の橋タロットへGO!